サツマイモでSDGs達成を目指す

NO IMAGE

サツマイモでSDGs達成を目指すプランを日経ソーシャルビジネスコンテストに応募していましたが、ダメでした。

ただ、コンテストに応募した際に書いた、自分が実現したいことや考えていることをとりあえず詰め込んださつまいもビジネスプランinアフリカに対して、ナイジェリア人の方が英語でいろいろコメントをくれたので、日本語に訳しながら読んでました。
いやーかなり鋭く具体的な指摘でワクワクものです。

プラン名は「Development of Agricultural Diversification using sweet potato in Nigeria」

さつまいもの生産から加工、流通、販売まで&そこにITを組み合わせちゃえというプランです。
このプランが実現できれば『ナイジェリア人にとって雇用と富を創出するだけでなく、ナイジェリアの食糧と栄養保全にもつながります。』と書いてくれていて、非常に嬉しいです。

ナイジェリアはFAOの統計では、2016年度において世界第二位のサツマイモ生産国です。将来は世界第3位の人口になると言われていますが、一方で貧困永続化の懸念も。サツマイモパワーが貢献できれば!と思います。

サツマイモで世界をより良くしたいと思っているので、日本のある地方の活性化も、アフリカなど途上国でやりたいことも、自分の中ではあまり変わらないんですよね。
もちろん難易度や取組内容は全然違いますが。サツマイモを通すと世界は一つです。

数年後に日経ソーシャルビジネスコンテストの審査員は見る目がなかったとなるように頑張ります。