未分類

1/2ページ

さつまいもの新商品開発によって検証したい仮説

さつまいもの需要拡大対策について、農林水産省から事業内容について事前に問い合わせを受けた中から、弊社の考えや仮説について知っていただけそうなものを、ここにも書いておこうと思います。 Q1. ペースト状に加工したものをもち米粉等と練り合わせ揚げ物とし、冷凍して販売するとなると国産としての特徴がだせるのか。 A1. 昨今、国内において、ムラサキ芋を使った製品をいくつか見かけるが、品種にまで言及して販売 […]

さつまいもカンパニーのビジョンとミッションについて

さつまいもカンパニーのビジョン(目指すこと)とミッション(やること)を再定義しました。 設立記念イベントでめに自分の半生を振り返り、改めて自分が農業に対して抱いていた思いを再認識し、それをさつまいもを通じて実現しようとしていたことに気付きましたので、それを反映したものになります。 ◆ビジョン◆ さつまいもによる人々の生活の質の向上と社会および環境の課題解決を目指します ◆ミッション◆ 1)さつまい […]

さつまいもへの情熱(Passion)でイノベーションを起こす

  • 2016.02.03

先日、リバネス代表取締役CEOの丸幸弘氏のお話を伺う機会がありました。 話題のミドリムシの会社、株式会社ユーグレナの技術顧問も務められています。 お話の内容や話し方、すべてが熱すぎました。その熱を受け、次の日は朝起きても頭がやや興奮中でした。 丸氏の研究者/科学者としてものごとを追及したいという姿勢は、私もいち研究者としてさつまいもの可能性を追及することで事業を行って良いのだという、私とさつまいも […]

台湾での出会いによりクリアになった さつまいもカンパニーの方向性(後編)

瓜瓜園さんの会社/工場は高雄ではなくお隣の台南市にあるので、台湾新幹線を使って台南に移動しました。日本ののぞみをベースにしているだけあってそっくりでビックリしました。高雄から台南まで600円/15分程度で着きました。 台南駅では先日食品展覧会でお会いした邱さんが車で出迎えにきてくれていて、会社/工場まで案内していただきました。 台南駅からだいたい15~20分程度の距離でした。道中はパイナップル畑が […]

台湾での出会いによりクリアになった さつまいもカンパニーの方向性(前編)

10月頭に台湾高雄を訪問したのは、実は台湾のさつまいも専業企業である瓜瓜園さんから、高雄国際食品展覧会と自社工場を視察しませんかというお誘いをいただいたのが直接的な理由でした。 台湾でさつまいもがどのように食べられているかの調査については、以前から夜市でさつまいもスティックが売られているという情報を聞いていたので、それを見てみようという感じだったんですが、思わずいろいろとサツマイモに出会ってしまっ […]

台湾高雄で出会ったさつまいもメニューを片っ端から食す

台湾さつまいも探求の旅、3回目の投稿は小売店で見かけたさつまいも加工品や、飲食店でのメニューについてレポートしたいと思います。 ちなみに1回目、2回目はこちらです。 さつまいもを求めて台湾へ 夜市で出会ったお馴染みと新しい味 台湾高雄でさつまいもを探して街歩き編 新光三越内にあったオーガニック食品を扱っている店の商品をチェックしていたら、さつまいもビーフンなるものが売られていました。 使用している […]

台湾高雄でさつまいもを探して街歩き編

夜市編に引き続き台湾高雄の街中でみかけたサツマイモについてレポートします。 さつまいも青果 蓮池潭のそばにあるローカルマーケットで、サツマイモを売っている人を何人か見かけました。 ほとんどのところで肉色が黄、紫、オレンジの3種類が売られているので、一般人にもカラフルな品種が受け入れられているのかなと思いました。 聞いた話によると30元/Kg(120円)ぐらいなので、日本に比べるとかなり安いですね。 […]

さつまいもを求めて台湾へ 夜市で出会ったお馴染みと新しい味

さつまいもを追い求めて台湾の高雄に行ってきました。 まずは夜市で出会ったさつまいもを使った食べ物についてレポートしたいと思います。 のれんに「地瓜」と書いてあったらサツマイモです。 大学芋 「抜絲地瓜」と書かれていました。関西風のカリッとした揚げ方で飴をからめているものなので、関東の大学芋とは厳密には違いますが、台湾でも大学芋と呼ぶこともあるそうです。 日本のものに比べるとさつまいもがしっとりした […]

サツマイモによる国際ビジネス展開と国際貢献

先週末に開催された日本いも類研究会主催の「サツマイモ産業振興研究セミナー」に参加し、川小商店・代表取締役社長の齊藤浩一氏による「大学いも文化とビジネス」をテーマとした事例発表を聞いてまいりました。 シンガポールで催事販売してみたところ、焼き芋・大学芋が好評で、日本の2.5倍ほどの価格になったにも関わらず売れたということ。日本産のサツマイモだけではなく、インドネシアやフィリピンで生産されたサツマイモ […]

インドへサツマイモ視察、現地で大学芋も作ってみました

インドでのサツマイモ展開の可能性を探るべく、現地にサツマイモ状況の調査を行ってきました。 インドで最も安全な都市 プネー 訪れたのはインドで8番目に大きな都市「プネー」。 人口は500万人位。金融と経済の中心であるムンバイに近く、高速道路で3時間ほどの距離。 街は緑が多く、高原に位置するため、大都市の富裕層の避暑地として発達した歴史があります。 多くの有名な研究施設や高等教育機関があり、街では学生 […]