視察

日本一焼きイモ好きのさつまいも生産者

さつまいも生産者さん紹介シリーズ第2弾。 現代農業2012年2月号に日本一焼きイモ好きとして紹介された渋谷俊雄さんです。 茨城県行方市で紅赤や紅あずまを中心に生産されています。 今まで見てきたさつまいも生産者さんは、蔓切りや掘り起こしを機械でされてから、手で収穫するところが多かったんですが、渋谷さんは大きな圃場を持たれていることもあり、収穫も機械でされていました。 この時に伺ったテクニックとして、 […]

植物工場の現状と展望についてお勉強してきました

東京農工大学にお邪魔して植物工場についてのお勉強をしてきました。 前半は東京農工大学の先生による「植物工場の現状と展望」についてのご講演。 天然光/人工光/混合型の植物工場の事例や、海外での事例をご紹介いただきました。 こちらの研究室では、ブルーベリーの植物工場を研究されています。果樹の植物工場は珍しいですね。 太陽光と人工光の組み合わせや温度管理によって擬似季節を生み出し、通常は1年に1回しか収 […]

西東京地域唯一の大学芋屋さん「青梅大学いも学部」をご訪問しました

先週の土曜日に、日本・大学芋愛協会会長とともに、青梅大学いも学部にお邪魔してきました。 JR青梅駅から徒歩10分程度。坂道の途中にあります。近々、駅前の方にも出店されるそうです。 てっきり青梅大学という大学があって、そこが関係していると思ってたんですが、「青梅大学/いも学部」ではなく、「青梅/大学いも学部」が正しいんですね… 皮を厚くむいたさつまいもを使っていて、ホクホクした触感と地元の醤油を活か […]

工場見学して干し芋が高くなる理由がわかった

世界ほしいも大会の投稿に関連して、以前、茨城県ひたちなか市にある株式会社幸田商店さんを訪問したことを書いておきたいと思います。 なぜなら、幸田商店さんが地元農家や商工会議所と共同で立ち上げた「ほしいも学校プロジェクト」から、世界ほしいも大会への実施とつながったようです。 また、幸田商店さんは干し芋業界では知る人ぞ知るトップブランドなので、改めて書いておいたほうが良いと思いました。 幸田商店さんです […]

ひたちなかで開催された世界ほしいも大会レポート

先週の土曜日にひたちなか市で開催された世界ほしいも大会に参加してきました。 なぜか名前は関係者名簿に載っていました。いつの間にか関係者?! 地域エコノミストの藻谷浩介氏とグラフィックデザイナーの佐藤卓氏との対談から始まりました。 正直なところ、一時間近く時間をとった割には内容が薄かった。たぶん事前の打ち合わせがほとんどされていないんだろう。かみ合ってるようでかみ合ってない話が続いた印象でした。時間 […]

大阪老舗大学芋専門店「嶋屋」で阿倍野ポテトと三嶋焼を食べてきました

所用で関西の実家に戻ったついでに、大阪・阿倍野にある創業60年以上の大学芋専門店「嶋屋」に行ってみました。 阿倍野ハルカスから少し歩いたところにあります。 本店はこんな小さな店だけど、大阪の百貨店に数店舗と、楽天市場にも展開されています。 伺ったところ原材料のさつまいもは鹿児島から高系(紅さつま)を取り寄せてるとのことでした。大阪だから同じ高系の鳴門金時を使っているかなと思っていたんですが、よく考 […]

サツマイモテーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」に行ってきました

昨年12月に、いも類研究会のメンバーとなめがたファーマーズヴィレッジに見学に行ってきました。 場所は茨城県行方市。鹿島神宮の近くです。 東京からは東京駅八重洲口から高速バスで水郷潮来バスターミナルまで移動し(1時間20分)、そこからタクシーで移動します(20分前後)。 当日は団体だったので貸切バスで移動しました。 廃校となった小学校を利用しており、建物(展示施設部分)の外見は学校です。 「日本の農 […]

浅草大学芋ツアーに参加してきました

  • 2015.10.26

日本・大学芋愛協会主催の浅草・大学芋ツアーに参加してきました。 交通網が発達していない昔、サツマイモの産地である埼玉県川越から東京へは、船でサツマイモを運ぶ必要があったため、船着き場のあった浅草にサツマイモ問屋が集まっていたそうです。 その関係で、サツマイモ関連の小売店も多く、いまでも残っているそうです。(一方のサツマイモ問屋はほとんど廃業してしまっていますが) ツアーでお邪魔をした大学芋屋さんは […]